2015-04-22 19:43 | カテゴリ:夫の病
    P1010576 (300x225)

一年振りの東京医科大での診察日。

ここの所、少々物入りだったし、狭いビジネスホテルにも、飽きたし、
上京のついでに特に、行きたい所もなかったので、思い切って、高速バスで
日帰りで、出かけてみました。

朝一番のバスに乗る為には、6時には家を出なければ、なりませんが、
4時45分頃起きれば、いいでしょう~?、と昨夜言っておいたのに、なんと
4時に起き出した夫が、ガサゴソ煩くて・・・・。

新宿到着予定が、9時17分。診察予約は、10時半ですので、事故や渋滞が
無い限りは、間に合うハズです。

4月からは、環状線が繋がって、スムースに流れるようになった、と聞いて
いましたが、その環状線と首都高が交わる前から、大渋滞。40分遅れの
到着となり、ワンメーターですが、タクシーを使い、やれやれ間に合いました。

いつものように検査を済ませ、それから診察に呼ばれるまで、長かった・・・・。

主治医の教授は、本当に優しい先生で、日赤の主治医とは、大違い。
その先生が、「御主人の手術は、こういう例の中では、ベスト3に入るくらい
上手くいったのに、思うように視力が出ないのは、おかしいですねぇ」と、
網膜の再検査。
すると、「黄斑変性によって、網膜に穴が開いています。何時からかは分かりません
が、視力に変化がないので、御主人の場合、無理に手術をせず、様子を見たほうが、
良いと思います。」と、ショックで、不可思議なお話でした。

静岡の主治医に伝え、しっかりと診ていただかねば、なりません。
又、東京でお世話にならずに、すみますように・・・と願い、今までの治療
診察のお礼に、「お元気でネ」の言葉を戴いて、最後の診察となりました。

早く、東京の診察が、なくなるといいねぇ~、と夫婦で言い合っていましたが、
いざ、そうなると、何だか寂しい様な気持ちになるのは、どうしたことでしょう~?
                  (東京見物が、出来なくなるから~?(笑))

帰りのバスでは、二人ともコックリコックリ。
長い一日でしたねぇ~・・・・。


       P1010546 (250x188)


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する