2014-03-13 11:20 | カテゴリ:日々の事
       P1060229 (250x188)
            (珍しい下向きに咲く、桜)

それ程お腹は空いていなかったが、賞味期限切れが間近かに迫った 
アップルパイ、頑張って(頑張ることが、違うでしょ!!)直径16cm
を、昨日一人で半分、おやつに平らげた。

そのせいか??今朝は、ウエストが何時もより、きついわ~。
朝食は、紅茶、サラダ、バナナ入りヨーグルトで済ませた。 



結婚当初の若い時は、生命保険がよくわかっておらず、知り合いに
勧められるまま、夫は、60歳満期(終身保障ではない)で、払い戻し
金あり、に加入していました。

ばーばらは、危機感もなく、その当時太陽生命という、10年で満期、
満期金を受け取り、また10年という保険でした。

二人とも保険を使う時はなく、60歳まできましたが、さあこれからどうする?
となった時、(自分で扱いができるのに)時代は、掛け捨てがお得になって
いましたが、60を過ぎて新しく加入しようとすると、掛け金が高いし、
外国の保険会社も、まだまだでしたから・・・・。

仕方なく夫は、県民共済に加入しましたが、ばーばらは降圧剤服用のため、
加入できず、その時は、その時と腹をくくっていました。

ばーばらは医師の定期的管理と、ウォーキングのお蔭?で、大きな病気もなく、
健康だった夫は、腸のヘルニア、ヘルペスによる眼の2回の手術、正常圧水頭症
手術と計4回の入院で、掛け金の元は取れた位、給付金を頂きました。

最近、テレビでは外国の保険会社のCMが、安い掛け金を強調して宣伝、
自宅にも、何度もしつこいくらいに、勧誘の電話があります。
事実、降圧剤服用があっても、健康人とみなされるようになりました。

それなら、という気になって資料を送って貰ったのですが、不思議なことに
導眠剤を服用していると、健康とはみなされず、掛け金はぐ~んと高くなり
ます。眠れないストレスのほうが、健康に良くない、と思うのですが、
不眠症というと、鬱=自殺 が、問題なようです。

今、無理なく支払える月々の掛け金では、入院、通院、手術で給付される
金額は、これだけ!?というほどで、何が魅力かと言えば、先進医療が
受けられる、
ことだけ。

体力的にも年齢的にも、もう二人とも地元で受けられる医療のみで結構。
高額医療費の控除も受けられる、有難い制度もあります。
と、考えると無理に医療保険には入らない、という選択肢もありかな・・・?

ばーばらは、貯金のつもりで、265万の保険料で、死ぬか余命宣告を受けた時、
300万受け取ることが出来る、という保険に一本入りました。


       P1060231 (200x140)


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する