2013-11-17 10:07 | カテゴリ:日々の事
          画像 3020


前日とは打って変わった好天で、参列者も大助かり。残された者の想いは、簡単には諦め

きれるものではありませんが、青空は、亡くなった甥の旅立ちを、明るく照らすかのようで・・・・・。

画像 3019 画像 3023

画像 3017 画像 3021

お墓からは、美しい富士山と穏やかに光を映す海も、見渡せます。



帰りの車を運転しながら、眠かったことったら・・・・。隣りでは、夫が昼のビールで気持ちよく。

眠いのを我慢しながら、途中で買い物、帰宅したら洗濯物を取り込んで、一眠りと行きたい所で

したが、山梨に遊びに行っていた娘からメールで、ばーばらが頼んであったかぼちゃのほうとう

を、今から届けに来る、というのです。まだ、賞味期限はあるから、「お正月に来る時でいいよ」

と言ったのですが、どうせ御殿場で渋滞だから・・・・と。

さあ、大変! 6時半ごろになる、ということは、きっとお腹が空いたと言うでしょう。

案の定、何かある?の追伸メールが・・・・。

でも、夫婦は昼のご馳走を食べたので、夕食は軽く暖かい掛けそばでも・・・のつもりでしたから

目ぼしいものは、な~んにもありません。

眠気もすっとび、備蓄してあるレンジでチンのご飯と、お土産に戴いてしまってあった、阿波の

玉ねぎの佃煮、沢庵、前々日の大根の煮物の残り物、大事に仕舞ってあった芥子蓮根などを

並べたわけですが・・・・二人で3パックのご飯と残り物まで、きれいに平らげてくれました。

おまけに、法事の土産に戴いた餅菓子やら、もう一箱のお菓子も賞味期限が近すぎて、困って

いたのですが、そちらの方も片付いて大助かりでした。

「もう、泊まっていけば?」「明日、やることがあるから・・・」と8時ごろ千葉まで

帰っていきました。

今頃は、まだ夢の中かしら・・・・・。



更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する