2013-10-01 00:22 | カテゴリ:悲しいこと
夜、いつものようにテレビを見てくつろいでいると、突然の電話の音。

夜中や朝方、電話の音がするといつも、「母か?!」とドキドキするのだが、

今夜のそれは、清水の長姉の息子(甥)が、急死したとの知らせだった。

夜、帰宅して食事中に急に苦しみだし、救急車が到着した時には、すでに息がなかったという。

真面目で穏やかな優しい性格で、仕事も一生懸命、その上枝豆のシーズンには、会社へ行く前や休日にも

弟と二人で、義姉の手伝いをよくしている孝行息子だった。そして、よく枝豆や苺を仕事に行く前に、

届けてくれたっけ・・・・・。

原因は、検死中でまだわからないが、「代わってやりたかった」と、義姉の悔しさ、老いた母や家族を

残して逝ってしまわなければならなかった、甥の無念さを想うと今夜は眠れそうになく、パソコンに

向かっている。

 
                           画像 2800
明日の朝は、取り合えず迎えにいってやらねば・・・・・・・


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する