2012-12-31 16:01 | カテゴリ:夫の病
一年の終りには、毎年夫の手打ちの蕎麦を、親戚中に振舞いますが、
今年は、家族の為にだけしか、うてませんでした。

画像 1809 画像 1811

画像 1813 画像 1810

画像 1814

近くの利倉神社で人型のお払いをしていただき、年が明ける前に燃やします。

そして、境内でお水を汲んで帰り、その水で蕎麦を打ちます。

いつもより時間が掛かり、均等な細さは無理ですが、それでも家族の為に一生懸命うち、

皆もじっと、出来上がるのを待っていました。

出来上がると、子供達は口々に「お疲れ様でした。」の声。  ぐっと、きました・・・。

娘と次々に茹で上げると 「すご~い」「美味しい」と、孫までもお代わりの連続。

夫は、鼻高々でした・・・。

画像 1819

画像 1817
お節も届き、元旦を待つばかりです。


今年最後のブログになりました。
拙い写真や文章にも関わらず、訪問してくださった方、コメントを残して
下さった方、ブロ友になってくださった方々に心から、感謝しています。

来年も又、お付き合いくだされば、幸いです。

では、皆様良いお年をお迎えください。




更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する