2012-04-16 15:31 | カテゴリ:未分類
画像 633


日曜日、朝10時から49日と納骨を3人でひっそりと・・・。

境内では、牡丹の蕾が膨らんでいました。





ばーばらが先に病室を覗くと、前日まで咳と発熱の為、抗生物質の点滴が続いて

いた母は、静かに眠っていましたが、呼ぶと目を開けました。

「浜松のみんなが、お見舞いにきてくれたよ~」と言うと、しばらくは不審顔で

したが「みっちゃんやようこさん達 (ばーばらは、叔父叔母をこう呼びます) が

来てくれたよ」

すると、「あれ~、みつお?」とみるみる顔に生気が、現れました。

それから5人が代わるがわるひとりずつ、「○○だよ、わかる~?」と聞くと、

「うん、わかるよ~」  「ちこちゃん、わかる~? よく一緒にあそんだね~」

従姉妹の呼びかけには、顔が歪みます。

いきなり、昔に帰るスイッチが入ってしまったようで、 「こんな格好で・・・」

と恥ずかしがる母。 そして椅子まで勧めたのでした。


短い時間でしたが、「早く元気になって、浜松へ来てね~」 「また、来るからね~」

二度とそんな事は無い、を承知でも 笑顔のオブラートで包んで、お別れが・・・。

母は、悲しそうな顔で震える手を、いつまでも振っていました。


皆、後ろ髪を引かれる想いを、振り切って・・・・・。




今日は、再び氷枕に頭を乗せ、力なく天井を見つめるだけの母・・・。



画像 621 (木苺の花 実が楽しみです)






更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する