2012-04-13 14:50 | カテゴリ:悲しいこと
画像 606

先日、母の弟(叔父)を見舞いに行ったのですが、今度は向こうから母の見舞いに

来たい、と連絡がありました。東京在住の叔父と、浜松の親戚も一緒だそうです。

入院して早くも十ヶ月、以前から見舞いを、と言われてはいたのですが、正直見てほしく

ないという気持ちもあったり、風邪が流行っていたりして、伸び伸びになっていたのです。

母の状態は波があり、来てくれても全く解らない可能性が大きい、と説明してありますが、

やはり兄弟姉妹は、もう最後になるかもしれないから会いたい、という気持ちなのですねぇ。

でもばーばらは、その日は午前中、義弟の四十九日納骨があるから次の日曜日に、と弟に

伝えておいたのですが・・・・。

歳をとるとせっかちになるのか、(ばーばらも他人のことは言えませんが)静岡駅に到着

時間まで、決まっていました。


さあ、「えらいこった!!」 

お寺から急いで帰って、黒い服を着替えて駅までお迎えに、行かねば・・・・。

天気の良さそうなことが、救いです。



画像 614





更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する