2016-10-12 15:44 | カテゴリ:日々の事
         P1030503.jpg

前回膝ウラの水を抜いたのが、4日。

直ぐに又溜まり始めたが、我慢できない程度ではなかったし、散歩はできたし、

医院が連休だったりして、通院できなかった間に、今朝は水がお皿の周りに

溜まりだし、自分の左足の大ぼったさに、お手上げ状態で、午前のみの診察日

で、混むのを承知で、出かけた。

意外に空いていて(老先生は、休診。若先生は、人気がない!)直ぐに、中へ

呼び入れられた。

「前の方まで水がたまりだしているが、まだ抜くほどではない。ウラだけぬきましょう。

それにしても、よく溜まる!」ですって!

患者の気持ちを逆なでするような、にこやかなお顔に、カ~ッとなるのを、抑えて

「炎症を抑えるには?」と聞くと、今出ている痛み止めが、炎症を抑える作用があり

ますよ」と、のたまう。

それが効かないから、驚くほど水が、溜まるんでしょう~が!と、お腹の中で

罵りながらも、ばーばらは、ネットで調べてあります。

「こんなにしょっちゅうでは、困ります!炎症を抑える、注射を打ってください!」

ばーばらの威勢に押された感じで?やっとステロイドの注射をしてくれた。

散歩はどうか?と聞くと、暫くはやめてくださいと。

とうとうドクターストップだよ~!困ったことになってしまった。

「では、また1週間後に、水を抜きに来てください。お大事に!」ですと・・・。

もっと早くに、運動を止め、ステロイドの注射を打つべきだったのでは?

はきはきしない若先生で、はぁ~~~~。

何処かに空いていて、腕の良い医者は、いないかしらねぇ~?


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する