2016-10-08 11:50 | カテゴリ:日々の事
     P1030500.jpg

火曜に膝ウラの水を抜き、ヒアルロン酸注入で、その日は大人しく・・・・、
でも、水曜日の夕方、空の色の美しさに惹かれて、ゆっくり(のっそり!笑)
歩いて来ました。
抜いて直ぐ、又水がたまり出しているので、歩きにくいですが、歩かなければ
筋肉が落ちるだけ・・・・と、必死です。

       P1030506.jpg

次の朝は、鱗雲いっぱいの空に、モズの高鳴きが響いて、秋は突然に・・・。
衣替えに、忙しくなりました。


「シーシェパードの本拠地に、反証の映画で切り込む、大和撫子」という
週刊新潮の小さめの見出しに、興味を引かれて、調べてみました。

やらせ・盗撮等で、日本の食文化や伝統を歪めて、海外に紹介し、
アカデミー賞ドキュメント部門受賞の「ザ・コーヴ」。
日本人なら、誰もが歯ぎしりするほど、悔しかったこの映画ですが、
八木景子さんという女性監督が、太地町に半年かけて住み込み、
正直に、誠実に作り上げた反証映画が、「ビハインド ザ・コーヴ」です。

シーシェパードから、映画を買い取りたい、との申し入れも、あったと聞きます。

殆どの米国人は、知らないことですが、ただ脂だけが欲しくて、大量の捕鯨をし、
肉は捨てていた自国の歴史と、日本人の一片の骨まで余すことなく、生活必需品として
捕鯨をしていた国とは、命に対する明らかな違いがあるわけで、この映画により、
世界中に、野蛮な日本人と貼られたレッテルを、剥がして貰いたいですねぇ。

韓国の少女像に対しても、日本女性監督が、反証映画を製作中とか。

しかし、資金不足の為、小さな映画館での数日の上映が、やっととのこと。
こういう映画にこそ、政府や漁協がお金を出して、世界中の人々に、観て
貰いたいですし、ばーばらも、是非観てみたいと、思います。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する