2016-09-22 16:10 | カテゴリ:日々の事
     P1030442.jpg

肝炎から肝硬変、そして癌と、夫の姉である母と同じ病で、甥が55歳の若さで
逝きました。告知されて、僅か半年でした・・・・・・。

祭壇の、若い笑顔の写真は、義姉が居た頃の楽しかった頃が思い出されて、
涙がこぼれ落ちそうでした。
その父親、弟、姉、は手術で生還した家族は、癌家系?

夫は8人兄弟の下から、3番目。8人の内、3人を癌で失くしています。

ばーばらは、弟一人の二人姉弟。
結婚してから、夫側の甥、姪の入学、成人式、結婚、出産と次々の出費に、
「え~、又?」と痛い想いをしていましたが、ウチの子達も頂いたので、
帳尻は合いますか~??

伯父(叔父)、伯母(叔母)は勿論、姉弟たちも、歳を取り、一人の甥を残して
結婚式に呼ばれることは、もう無いと思われますが、これからは、不幸な方が
ぐ~んと、増えてきますよねぇ~。

自分たちは、家族葬で地味に、お香典もお断りして・・・と思っていますが、
親類の葬儀は、割合い派手な方ですので、香典と生花、49日、初盆、一周忌
三回忌、と呼ばれるとなると・・・・・・・大幅赤字ですねぇ~!

ヒンシュクをかうことを恐れずに言うならば、次の代には、お付き合いの仕方も
変っているでしょうから、年金生活者としては、出す方も分相応にしていかねば、
と思うのですが、なかなか勇気が必要です・・・・。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する