2016-06-03 11:32 | カテゴリ:日々の事
      P1030185.jpg

いよいよ消費増税延期が決まり、首相は大胆な第3の矢を・・・と、
語っていましたが、どんな政策を打ち出してくれるのか!?期待したいところ
ですがねぇ~。

それにつけても、生活保護費受給世帯の半分以上が、単身高齢世帯などと
聞かされる度に、世界に類を見ないほどの、日本の少子高齢化が、この国の
将来に重くのしかかっている現実に、ただただ溜め息が出るばかり・・・・・。

このままでは、いくら第3の矢が成功して、収入が増えても、年金が貰えるか
分からない若い人達は、将来の為に、無駄な支出を抑え、貯蓄に廻さざるを
えないでしょう。

東京一極集中が、まず大きな不安要因になっている、と思うのです。
省庁の地方移転が言われて久しいけれど、一向に動く気配は無し。
いっそのこと、東京に集中する有名大学や医科大を、地方に移転したら
どうでしょう~かねぇ~?

若い人が地方に残れば、企業も移転してくれるでしょうし、祖父母が近く
にいれば、幼稚園や保育園に入れなくても、力を貸してくれるでしょうから、
子供も増えるかもしれません。
介護者不足も、少しは解消できるかもしれませんしね。
かも、かも、ばかりですが、今まで通りでは、問題解決はできないのも
事実なのでは・・・・・?

又、1票の格差が、憲法違反状態と言われますが、衆議院はともかく
良識の府と言われる参議院では、今はミニ衆議院化していますが、本来は
衆議院の活動を、監視する大切な役目があります。

1票の格差は、大事な事だとは思いますが、それにより代表者が減り、地方の
人々の声がより小さくなるのは、大問題だと思います。
都会人と地方人の受益格差は、人権侵害にはならないのでしょうか?

今でも、地方は医師不足の為、都会の方々に比べ医療の質には、大きな格差
が生じているのは、厳然たる事実です。

せめて参議院は、安易に人口数で割ってしまってほしくない、と地方に
住むばーばらは、思うのです・・・・・・。


         P1030183.jpg
   こぼれた種が、こんな所で季節外れのビオラを咲かせています。


故郷の、手入れが行き届いた野山は、豊かな川や海を造り、芳醇な食べ物を
生み出します。
便利な生活、経済的に豊かな生活へと、日本ががむしゃらに歩んで来た道。
これから歩む道は・・・・・・・?


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する