2016-04-09 08:54 | カテゴリ:日々の事
     P1020940.jpg

昨日の水泳選手権、北島康介選手の泳ぎが、涙で霞んでしまいました。
(最近、涙もろくなって、困ってしまいます)

最後のターンから途中まで、後ろを追っていたRIOの線が、迫って来たか?
思う間に、北島選手を追い越して・・・・・・・。
おもわず「あ~!」と、悲鳴が漏れ・・・、競技が終わった後、プールサイドに座り、
じぃ~っと水面を見つめる彼の脳裏には、何が浮かんでいたのでしょう~か?

やがて立ち上がり、一礼すると、観客席や選手たちからも、大きな拍手が・・・。

今回の大会、オリンピック派遣記録が、日本記録より高い設定もあったり、
かなり厳しい一発勝負!泣く者あり、笑う者あり。
でも、まだ若い十代の選手の台頭は、目を見張るものが、ありますねぇ。

新旧交代は、世の習い。スポーツ界では、それが顕著ですが、北島選手の
泳ぎ終わった後の後ろ姿は、本人はもとよりのこと、応援するものにとっても、
寂しすぎました。

特別、彼のファンというわけではないのですが、誰が見ても、もうピークを過ぎた
選手が、最後の力を振り絞り、懸命に泳ぐ姿を、覚えていてあげたい、と思い
ましたし、心から「お疲れさまでした。」と言わせて貰いたいと思いました。

バトミントン選手の不祥事の後だけに、余計に爽やかに感じました。



更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する