2016-02-11 16:42 | カテゴリ:日々の事
   P1020775.jpg

「お父さん、何か美味しいもの、食べに行こう~よ~」
去年の2月11日のブログを、読み直し、毎年同じ会話の繰り返しだわ~。

違っていたのは、先日まで「お父さんの誕生日の頃は、いつも寒いから・・・」と
言っていたのに、毎日が日曜日の生活が長くなってきたせいなのか?
ボケて来たのか? 気持ちが、他所に向いているせいなのか?(ボケだ、ボケだ!)

今朝テレビをつけると、7時のニュースが、休日専門のアナウンサーで、
「あれ?今日は、休日!?」 やや間があり「お父さん、誕生日だったねぇ~」

それから、毎年恒例の会話が、始まったのです。

いえ、誕生日は特別にしたいけれど、「今夜は、何にする~?」は、もう毎日の
ことなんですけどね・・・・・・・・。

でも、今日はばーばらの口内炎がひどくて、とても外食の気分にはなれないので、、
いつもの手抜き料理で、寂しく71歳のお祝い?ですかねぇ~。


        P1020778.jpg

曽野綾子さんの「高齢者は、死ぬ義務がある」と言う発言が、猛反発を受けている
ようですが、ばーばらは、「後期高齢者になったら、死に時を覚悟 しなければ
ならない」と、言っていると、思っています。

他人それぞれの考えが、おありでしょうが、トリアージと一緒で、まず助けなくては
ならないのは、若い人。
災害があった時、若い人の足手まといになり、巻き添えにしてはならないですし、
不治の病いになって、自分が点滴でしか栄養が取れなくなり、その点滴が無理に
なったなら、それが寿命と受け入れる覚悟が、必要だと思います。
世界一の長寿を誇ってみても、現実は・・・・・・・・。

息子夫婦には、延命治療は無用、葬式は家で家族だけで、遺影はこれ、戒名無用、
静岡に埋葬をと、伝えました。(書留めなければ、いけないですね。)

大袈裟に言えば「老人の美学」とでも・・・・・・。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する