2015-10-02 17:26 | カテゴリ:日々の事
      P1020239.jpg

新国立競技場と同じような事が、静岡県でも起きています。

富士山や三保の松原が、世界文化遺産に登録され、県では富士宮の
浅間神社の近くに、世界遺産センターを建設予定で、その予算案は、
山梨県のそれが10億円以下なのに対して、圧縮して27億8700万円。
これって、どうなの~!?

デザインの公募は良いのですが、採用されたデザインでは33億3000万円
かかってしまうのだそうです。
山梨県の建物は、シンプルですが、風景に溶け込んだ落ち着いたものなのに
対して、、静岡のは、逆さ富士をイメージして、螺旋格子状に鉄骨を曲げる
驚くようなデザインです。

国立競技場の失敗と似ていますよねぇ~。

静岡県は、以前静岡コンベンションアーツセンター(グランシップ)でも、
海外のデザイナーの案で、海外の石を薄く貼った外壁が、数年後に剥がれ
落ち、修復費用が嵩んでしまった経験があります。
大型船をイメージした斬新な、デザインでしたけどねぇ。

おまけに、山梨県は完成間近だというのに、静岡県では、まだ予算案が
議会を通りません。

そもそも、まだ富士山登山道などの保全も万全でなく、指定を取り消される
恐れだってあるのに、こんな箱物にお金をつぎ込もうとする、知事や県職員の
姿勢が、問題ありだと思いますがねぇ~。
静岡県人は、見栄っぱり なんでしょうか?

全く、税金の節約という意識の低さに、腹が立つばかりです・・・・。



        P1020268.jpg
      今年も、お裾分けして頂いた、大きな栗。
     茹でてから、フライパンで裂け目ができるまで、ころがしました。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する