2015-09-07 16:32 | カテゴリ:日々の事
       P1020116.jpg

来年のハナシは、鬼が笑うと言うけれど、再来年に控えた消費税増税が
気になります。

中国のバブルが弾けた影響や、EUへの難民流入等で、景気の不安定要因が
増し、庶民は増税回避を願いますが、社会保障費が増え続ける現状では、
致し方ないのでしょうかねぇ~。

財務省では、10%に上がった場合、食料品は8%に据え置き、その分を
低所得者には、後で還付する、という案を考えているようです。
でも、低所得者層には、高齢者が多く含まれ、その煩雑そうな手続きを、
自分だけで出来るのでしょうか?事務費だって、バカにならないでしょう?

買う時点での減税は、事業者の負担が増え、また高額所得者も恩恵を受けて
しまう、とか言ってますが、それならば、高額所得者の所得税を上げたら済む
ハナシだと、思いますがねぇ~。

市から届いた、「臨時福祉給付金関係書類」を見て、国民年金のみの我が家
には、老人漂流社会、老後破産が他人事では無くっなって・・・・・・・。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する