2015-06-18 16:52 | カテゴリ:日々の事
     P1010796 (300x225)

国は、10年後をめどに、病院のベット数を減らそうとしています。
(但し、首都圏は増やす方向だとか)
余っているんですって!?信じられます~?
しかも、10年後って言えば、高齢者が一番多くなり始める頃では・・・・・?

大都市は、知りませんが、地方都市では、医師の数が足らず、診察を
止めてしまう科が、沢山ありますし、ベテランの医師が少なく、インターン?か
それに近いような若い医師が、毎年代わる代わる・・・が、現実です。

末期癌の義弟が、亡くなる2~3日前まで、入院を受け入れられなかったのは、
医師、看護師、それにベッドが、足りなかったせいだと、思っています。
食事もとれず、痛み止めも効かず、それで在宅看護と言われても、家族は
オロオロするだけで・・・・・。

昔は、こんな風では、なかったですよねぇ~。
看護師さんも、余裕があったんでしょう、とっても親切でした。

我が家は、町内でも数少ない、老人だけの世帯です。
介護も看護も、施設から在宅へ~が、方針のようですし、住み慣れた家庭で逝く事が
できたら、それは最高だとは思いますが、それには訪問医療、介護と看護が万全で
なければ、患者や家族の負担は、計り知れません。

方針ばかりが先を走り、システムが後手後手では、お金持ちでもない、普通の家庭
では、不安ばっかりですよねぇ。

地方の若者が、少なくなっていく・・・、一極集中は、いつ改善されるのでしょう。
私たち、早く死んでください、国の為って、言われてます~??


           P1010862 (180x133)
  こちらは、間違えずに「父の日」の為に届いた、メロンです。


P1010863 (180x135) P1010864 (180x135)
お母さんのスリッパ、私のせい?   こっちも、いいわねぇ~。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。


管理者のみに表示する