2017-03-29 17:43 | カテゴリ:日々の事
       P1030806.jpg

朝食が終わった頃、電話が鳴りました。
早くから誰だろう~?と、受話器をとると、はらっぱの最古参Mさんの娘さんからで、
「昨夜、母が風呂場で倒れて、亡くなりました」との連絡でした。

一時、調子を崩されていたのですが、最近はお元気になられ、先月の定例会では、
絵本を読みたいと、意欲満々でしたから、もうそれはそれは驚いて、言葉も無く・・・・・。

Mさんとばーばらはよく、「もう心残りはないから、いつ死んでもいいよねぇ~。
ポックリ逝きたいわねぇ~」等と話していたのですが、本当に突然80歳で逝って
しまいました。

はらっぱでは最古参、20年近く一緒に活動をしてきました。
イラストレーターだったMさんには、紙芝居やパネルシアター制作、行事のポスター
やプログラム作りなどを、中心になって描いて頂き、一緒に制作に励んだ頃の楽しさ
が、昨日のことのように思い出されて、こみ上げる物が、あります。

会員さんに、急いで連絡網を廻しました。

葬儀場が混んでいる為に、もう今夜が通夜、明日がお葬式なのだそうです。
ばーばらは、風邪っぴきで余り調子が良くないので、明日出棺の前に、お別れに
行けたら・・・・と、思っています。

それにしても、夫の病院で携帯をマナーモードにしてあった時、Mさんからの
着信があったのに後で気づきましたが、定例会のことだろうと思い、返信しなかった
ことが、悔やまれてなりません。

ご冥福を、お祈り申し上げます。 合掌。


      P1030732.jpg

Mさん制作のこの紙芝居、久し振りに先月皆さんの前で披露できて、
良かったねぇ~と。
形見分けとして、はらっぱで頂けることになりました。
この紙芝居を読む度に、Mさんはずぅ~っと、はらっぱの会員の中で、
生き続ける事でしょう~。




更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-27 17:36 | カテゴリ:日々の事
      P1030793.jpg

土曜日は、はらっぱの定例会。ばーばらは、へびいちごさんと2人でお当番、
司会と絵本を読む予定でしたが、病院に行かなくてはならないので、急遽
彼女一人に、お任せしてしまいました。

10時半頃病室に入っていくと、昨夜と違って、意識ははっきりしているし、トイレ
にも歩いて行けた、と言うのでホッと・・・・。

医師とお話しましたが、「シャントの管も詰まっていないし、CT・MRIでも悪い
所がみつからない、治療法はありません。」と。
昨日は何故、急激にあのような様子になったのかも、原因が分からず、病院にいても
仕方がないので、帰宅することに。

でも、歩けたと言っても、手術前の様にしか歩けず、時間が経てば戻るかもしれない、
と薄い希望に縋る様な気持ちで、夫の腕をしっかり組んで、泣きそうな気持ちを抑え
休館日の午後の薄暗く長い通路を、歩きました。

暫く様子を見て、4月に交代する新しい主治医に、相談する予定ですが、新しい情報
が無い限り、多分同じ事しか、言われないのでしょうねぇ~。

それでも、ダメモトですよ!!
僅か半日で、こんなに悪くなってしまうなんて、諦められないですから・・・・・。



更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-25 09:30 | カテゴリ:日々の事
      P1030808.jpg

午前中は、普段と変わりなく散歩に行き、帰宅してからは、修理を頼まれた
耕運機を、自分の畑で少し試運転した夫。

昼食時に、少し動作が緩慢に見えて、耕運機が重くて大変だったのか?と思って
いたら、時間が進むに従って、まるで動けなくなってしまった。

身体を起こすことも、ソファーから立ち上がることも出来ず、トイレに連れて行くにも
腰から落ちそうになる身体を支え、少しずつ少しずつ。
元々頑丈な身体が、脱力すると、その重さときたら・・・・・・。

ズボンを下ろし、便器に座らせ長いこと座っていたが、結局失敗してしまった。
大慌てで、力の入らない身体からなんとか脱がせ、下着だけ穿かせ、又ゆっくり
ソファーに戻り、毛布を掛けて置き、5じ近くになっていたが、日赤に電話をすると
救急外来の窓口へ、と言われ、走って本家の義姉に助けを求め、二人掛かりで
ズボンを穿かせ、なんとか車に乗せることができた。

病院に着くと、看護師さん達に車いすに乗せてもらい、診察を受けた。
その時、オデコが熱かったので、熱のせいかも?と思ったが、CTやらMRIやら
血液検査やら受けたが、原因が分からず、本人の受け答えもぼんやりで
眠ってばかり。

このまま連れて帰ることはできないので、お泊りとなった。

診察を待つ間に、アドレナリンのせいか?痛みを感じず動いていた左膝が、急に
痛みだし、痛み止めと湿布薬で紛らす。

帰宅したのは、もう10時になっていたが、義兄が車庫のシャッターを閉めてくれて
あって、助かった。
ばーばら一人では、どうしようもなく、兄弟の有難さをしみじみ感じたが、これから
体力・知力が衰えるばかりの夫婦は、老々介護の厳しい現実を、ちょっとだけ
垣間見た気がする。

今から、病院に行き、その様子では、今日の内に帰宅できるかもしれない、と
入院荷物は、最小限だけ・・・・・。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-23 16:11 | カテゴリ:日々の事
     P1030805.jpg

今朝は、街中にある市立病院口腔外科の検診日。
何しろ駐車場が狭いので、タイミングが合わないと、駐車できません。

何時もより少し家を出るのが遅くなり、8時29分入庫。
すでに2階3階は満車、4階に入れることができました。(6階まである)

エレベーターで1階に降りて少し歩き、保険証の再確認後、自動再診受付を済ませ、
口腔外科の受付に予約表を出し、待合室の椅子に座った途端、電光板に番号が
出たので、自分の番号を確認すると、「えっ?もう~」 少し慌てました。

因みに、診療は9時開始の9時予約なんですが、この医師は早めに診察を始め、
ばーばらの場合、治療はなく、口の中を診るだけなので、あっという間に終わり。

それから会計の窓口、まだ自動支払機が動いていないので、違う窓口で支払い
680円でした。

それから駐車場の自動精算機に駐車券を入れると、なんと0円!
係り員に聞くと、20分まではお金は、かからないのだそうです。

入庫が8時29分、出庫は8時48分、19分病院にいただけでした。
全てがタイミング良く、スムーズに動いた結果、往復時間が40分ですから、
1時間を要しただけの、ラッキーな通院でした。
(まぁ~、何時もより30分早起きでしたが・・・・・)

次回は6月、今日の動きを、再現したいものです!!


           P1030801.jpg

ところで、東京では平年より早く、桜の開花宣言がありましたが、東京の方が、
暖かかだったのでしょうか?

例年、全国的に早い開花の静岡ですが、今月は肌寒い日が多いせいか、長尾川の
土手の蕾もまだ固く、予想では、4月2日頃ということです。

静岡祭りには、丁度お堀の満開の桜が、華やかさを増してくれるのですが・・・・、
今年は、少し彩り寂しいお祭りに、なりそうです。




更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-21 16:11 | カテゴリ:日々の事
      P1030800.jpg

もう2年近くなります、ばーばらの口内炎。
バナナが歯茎に当たったけで、水膨れ。歯ブラシなんて、特別な柔らかい物を使っても
キズになってしまい、2つの総合病院での(扁平苔癬)との診断結果を頂き、歯科医で
2か月に1度、歯茎の検診と掃除をうけています。

もしかしたら、治療法のないばーばらの症状に、効くかもしれないと期待もせずに
コラーゲンを飲み始めたのは、今月の8日の事・・・・・。

何となくここ2~3日、歯と歯茎の間にブラシを当てても、以前の様に痛くないし、
皮も剥けないみたいだなぁ~?と、感じていたのです。

今朝、何時ものように、歯科医へ行くと、いつもの衛生士さんが、「今日は、磨き残し
が、殆どありませんよ~!」ですって。

これって、もしかして、もしかして、コラーゲン(1日10g)が効いたのかしら?
でもまだ2週間、気のせいかしらねぇ~?

少々、味に飽きてきて来月は、普通の粉のにしようかしら?と考え始めていた
ドリンクですが、もう1か月飲んでみようかな、と思いはじめました。

但し、今回被せ物をしている歯に、虫歯が見つかっちゃたので、又歯医者通いが
増えてしまったのが、泣き所です・・・・・・。



豊洲市場問題は、百条委員会が開かれましたが、犯人捜しも腰砕け。
石原さんが言っていた,飲み水にするわけではないのだから、安全となったら
早急に豊洲移転をすべき、には賛成ですね。
さらなる安全対策をとった上でのことですが、何千億というお金を無駄にすべきでは、
ない、と思います。

今でも、福島の放射能が心配な人達もいますから、安心という感情論になると、
全員が納得という方向には、収まらないでしょう。
専門家の意見で、決定すべきだと。

選挙まで結論を伸ばすのは、果たして、都民の為になるのでしょうか?


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-18 17:09 | カテゴリ:日々の事
     P1030798.jpg

うらうらと、久し振りに春を感じる日、気になっていた、お彼岸の墓参りに
出かけました。
両家とも、お墓を守ってくれる人がいるので、夫婦はお線香だけ持参です。

ばーばらの実家の墓は、低い所にあるので、今の私でも大丈夫ですが、
夫の方は長い石段の上にあるので、今回は夫だけで・・・。
お墓は、上の方にあると、年々お参りできなくなりますねぇ。

最近、新しいお墓が目に見えて、増えています。
夫婦は、墓石の品定め。
夫は、黒石のちょっと変わった形の墓がお気に入りのようですが、「ウチのは、
墓石なんか無いかもねぇ~。プレートかもよ~」

あと何年生きるのか?によっては、もうお金を遣い果たしてしまって、お墓なんて
手が出ないかもしれませんし、長男が、県外に家を建ててしまったので、夫婦が
骨になった後の事は、なるようにしかなりません・・・・・・。


国会では、籠池さんの証人喚問が、決まりました。
総理からの100万円寄付という爆弾発言に、突如登場の謎のノンフィクション作家
と野党4党に囲まれて、なんとも胡散臭い印象なんですが・・・・・?

職員名、推薦校名、推薦者名、経歴等々、事務手続きミス、記載ミスだったとか、
嘘が多過ぎ!
自分の学校に箔を付け、役人の心理を利用しようとしたとしか思えません。

例の偽メール事件のようににならなければ、いいですがねぇ~。

国有財産を、とんでもなく安く見積もったお役人、圧力をかけた政治家(いるなら)
には、責任をとってもらうのは、当たり前ですが、罰則規定があっても、平気で
嘘八百を並べそうな人品に、見えてなりません。

それにしても、インタビューの場面で、「ガンバレ~!!」のキンキン響いた声の
主は、どんな女性でしょう~?お顔を、拝見してみたい・・・・・・・




更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-16 10:59 | カテゴリ:日々の事
     P1030804.jpg

これから続くEUの国々の選挙の幕開け、オランダの総選挙の結果は、選挙前には
支持率トップと言われた極右政党が、議席を増やしたものの、思った程伸びず、与党
が議席を減らしながらも、第一党を維持する見込みに、少しほっとしています。


寒さが過ぎ、やっと春が・・・と思った途端、飛んでくるんですよねぇ~!
あっちでもこっちでも、「ハ、ハ、ハ~クション!」の大合唱。

ばーばらも、産後から酷い花粉症と戦うこと、ウン十年。
途中で、効果抜群の注射に出会い、割合と軽症で過ごしてきたのですが、
その医師が亡くなった為、薬やマスクでやり過ごして、気づけばいつの間にか?
軽くなっていました。 枯れたみたい・・・・・・。

それでも、それでもです!今年は、昨年の40倍とか・・・・・。気持ちは

ところが、昨日夕刊に、こんな記事がありました。

「不愉快な花粉症ですが、実はいいこともあるのです。 東京大学などの研究によると、
中高年の花粉症患者は、そうでない人よりも、死亡率が低い事が、分かったそうです。

理由は、解明されていませんが、免疫機能が活発な人ほど、花粉症になりやすい事
が、関係しているのでは?とあり、長生きできると思えば、多少のクシャミや鼻水も、
我慢できるのでは?」
と、結んでありました。

そうですかねぇ~? 多少なら・・・・・ですよねぇ~。
そんなに長生きしなくても、と思うばーばらは、花粉症から解放される方が、
いいかなぁ~。

花粉症でないという人を見つけると、「アナタ、実は地球人じゃあないでしょう~!?」
と、真顔で冗談を言うばーばらです。





更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-14 14:52 | カテゴリ:日々の事
      P1030802.jpg

この方の保守派思考には、基本的に同感の部分が多かったけれど、いきなりの
防衛大臣の指名には?マークでしたが、今回森友学園に関する顧問弁護士か否か?
の答弁では、墓穴を掘ってしまいましたねぇ~。

安倍総理に近い考え方の人材として、可愛がってもらったようですが、いくら頭脳明晰
でも、経験と貫録が足りず、ハラハラしてましたが、とうとうヤッチマッタ!ですねぇ。

大体あんな右寄り発言をする方の、黒の網タイツには、はぁ?でしたが、
国会答弁するときには、しっかり調べてから答弁しないと、あれだけハッキリと否定
反論後、「間違ってました~」では、通りますまい。

安倍総理は、彼女を切り捨てるか、否か?
議員さんは、大勢いますが、人材不足ですかねぇ~、改造するたびに、質が
落ちていく気が、します・・・・・。


         P1030733.jpg



今日は、朝から夫の検診で、日赤へ。
雨のせいか?ちょっと道路が混んでいて、予約時間の9時に、ギリギリセーフ。

このところ、目が見えにくくなった、見えにくくなったと、言っていましたが、視力
検査では、右目はしっかり1.2あるそうで、年齢的に多少白内障の気はある
ものの、大丈夫とのことで、安心しました。

それから、急遽診察予約をした脳外へ。
まだ昨年7月に診察して頂いた若い医師で、じっくり話を聞いてくれ、その後CT撮影。
前回のと比べると、多少(誤差の範囲内)お水が多かったので、頭のてっぺんに
埋め込んであるポンプを、毎日10回位押して、流れを良くすることを、教わりました。

次回の7月の検診まで、様子見です。

待ち時間には、傘を持っていたので、時々杖代わりに、待合室をグルグル、
座っては足のリハビリ体操と、時間を有効に使ったばーばらでした。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-12 17:06 | カテゴリ:日々の事
     P1030795.jpg

椎間板ヘルニアからくる、右足付け根の痛みが、少しあるけれど、スーパーの中なら、

以前のように大股で歩けるようになったので、牛乳を買い忘れたのを口実に、

近くのコンビニまで、5か月振りに春の空気を感じながら、歩いてみました。

家を出てすぐ、ポツリと雨が落ちてきたので、よせばいいのに、大股早歩き。

途端に付け根が痛み始め、姿勢を真っ直ぐにしようとすればするほどに、

腰、おまけに左足の付け根まで、痛み始め、もう腰は曲がって来る、足は伸びない、

直線の上を歩けない、手足の動きがチグハグで、全く情けない恰好に、泣けそう~。


このヘルニアは、多分整体師の所で、リハビリ運動をした時、グキっとして
「あ~、背骨が折れた!」と感じた時に、悪くしたと思います。


左膝を壊したのが始りだったのに、椎間板ヘルニアに苦しめられるなんて・・・。

でも、一部の皆さんにお世辞でも、「歳よりお若い!?」と言われていたばーばらは、

半年前に戻りたい!と、痛みを堪えて、スーパーの駐車場と店の中では、

背筋を伸ばして、ゆっくり大股で歩いています。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。

2017-03-10 13:07 | カテゴリ:日々の事
     P1030782.jpg

各都道府県が、医療提供体制の将来図を示す「地域医療構想」によると、
2025年に必要な、病院のベッド数は、13年時点の134万床余りから、
約15万6千床、11.6%減少する見通しだとか・・・・・。

我が静岡県は、22.7%減少、一番削減率の高いのは鹿児島県の34.9%、
逆に増床は首都圏の1都3県、大阪府、沖縄県だそうな。

25年というと、団塊世代が全員、75歳以上を迎えます。
それを控え政府は、効率的な医療の提供体制を作り、慢性疾患を抱える高齢患者を、
家や施設で療養させるのが望ましいとして、在宅医療を推進しつつ、医療費の抑制を
目指しているそうです。

過去の数字では、静岡の医師の数が住民にたいする割合では、全国で
確か40番台でしたよ~。

義弟は、癌で亡くなりましたが、我慢できない痛みと吐き気で、食事をとれなくなり、
入院を希望しましたが、入院できたのは亡くなる2~3日前。
治らない癌患者は、切り捨てられるんだ・・・・と、背筋が寒くなったことを、忘れられません。

夫が通院する日赤の眼科は、常勤1人、脳外も毎年担当医が、代わっていますし、
他の、総合病院も、もう少しましな程度です。

医師と看護師不足は、患者にしわ寄せがいっているのが、目に見えているのですが
それで病床が過剰になっている、と言われてもねぇ~?

2025年まで、後8年しかありませんが・・・・・受け入れ施設は?介護士は?
訪問看護の医師・看護師の数は?
今でさえ、お金持ち以外は、数万人の待機老人ですよ~!

病院は、何処へ行っても(産科・小児科以外)高齢者だらけ・・・・・。
ばーばらも、その内の一人ですけどねぇ・・・・。

安楽死(尊厳死)が、出来たらなぁ~、と老々介護世帯は、思います。
やっぱり、ピンピンコロリと逝きたい、逝かねば地獄が・・・・ですねぇ~!



    P1030790.jpg

         P1030791.jpg
  毎日、メジロが蜜柑を食べに、来ています。  
  始めは、家の中で人が動くと、パッと飛び立っていましたが、今では
  目と目を合わせても、動いても、逃げずにすぐ目の前に。


更新の励みになりますので、是非応援クリックをお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ



当ブログは、リンクフリーです。